この掲示板を見ている人はこの作品を見ています

人気のトピック
9日前更新 97レス

My History of Gravure Women

1. DH 2023/03/13(月) 23:18:06 通報 編集
今では考えられないことだが、90年代前半頃の一般紙の広告(所謂全5段or5段1/2)には、
プレイボーイ(当時は火曜発売)、フライデー、フラッシュ、フォーカス(廃刊)といった、写真週刊誌が載っていた。
それらの広告には、数多のグラビアアイドルが掲載されていた。無論、新聞だから白黒ではあるのだが、それらは第二次性徴期を迎えた少年にとっては、興奮を覚えるには十分すぎるものだった。

初めて名前を覚えたのは、荒井乃梨子。
キャンギャル出身で、当時は端役ながらドラマにも出ていたらしい。
彼女がフライデーに載ったときのコピーが「ランジェリー姿で君を悩殺ッ!」。
水着どころか下着姿でこのコピーなのだから、心の中で目が釘付けになったことを覚えている。
1/4ページ
68. DH 2023/06/21(水) 00:18:37 通報 編集
第1位:かとうれいこ(30点)
・巨乳度:☆☆☆☆☆
・美乳度:☆☆☆☆☆
・谷間度:☆☆☆☆☆
・静止画度:☆☆☆☆☆
・動画度:☆☆☆☆☆
・実用度:☆☆☆☆☆
巨乳グラビアアイドルの頂点。大きさ、美しさ、谷間、重厚さ、全てを兼ね備えたバストが揺れる映像を、初めて見たときの衝撃は忘れられない。
これだけの大きさを持ちながら下品にならず、寧ろ上品さを感じさせる。
「脱いでいない」バストでは未だ並ぶ者なしである。
69. DH 2023/08/08(火) 00:54:53 通報 編集
8月1日で石川夕紀が40歳だったので。
初期の方が、105cmバストのボリュームが感じられる。
70. DH 2023/09/09(土) 15:47:02 通報 編集
酒井若菜の誕生日。
あの頃、彼女のバストに目を奪われずにいるのはとても難しかった。
71. DH 2023/09/14(木) 23:10:24 通報 編集
阪神の優勝は18年振り=2005年以来だそうだが、
その頃のグラドルラインナップは、
田辺はるか(※4月のイベントキャンセル後そのまま引退)
石川夕紀(※3月に引退)
この2人から、
原幹恵
佐藤和沙
あたりへの過渡期だった…というと、流石に随分昔のことだなと思う。
72. DH 2023/09/15(金) 00:37:04 通報 編集
平田裕香生誕祭
73. DH 2023/10/24(火) 00:40:33 通報 編集
ショコラティエに転身した佐藤和沙が、最近店を出したらしい。
彼女の初期の作品は配信されていないが、恐らく当時18歳に達していなかったからであろう。
それにしても、これほどまでに早熟な爆乳はそうそういない。
74. DH 2023/10/29(日) 23:27:50 通報 編集
グラビアアイドルは、水着で如何に魅せるかというのが売りになるが、
黒羽夏奈子は着衣でも魅せられる、稀有なグラビアアイドルである。
雑誌の編集部を訪れた際、服の上からでも隠しようのないGカップ巨乳に、直ぐに翌日撮影が決まったという逸話があるそうだ。

確かに横から見ても、隠し切れない盛り上がりが見て取れる。
75. DH 2023/10/30(月) 23:23:03 通報 編集
着衣なら平田裕香も負けず劣らずである。
柔らかい雰囲気、なのに…このギャップである。
76. DH 2023/11/15(水) 00:37:23 通報 編集
某所で彼女の名前を出してみたが、反応は全くなかった。
無理もなかろう、1年半ほどの活動で、事実上の引退から17年も経っている。

それでも今日も彼女を見ながら、彼女とイチャラブする妄想で発射する。
77. DH 2023/11/29(水) 23:29:06 通報 編集
11/29は佐藤和沙の誕生日。
今見ても…すごいバストである。
78. DH 2023/12/28(木) 00:25:33 通報 編集
最近では久々におっ!と思わされたグラドル、真田まこと。

1994年12月28日生まれ(日付変わって29歳)。
167cm-95(I)cm-61cm-95cm。
田辺はるかクラスの高身長と、黒羽夏奈子を思い出させる美しい着衣巨乳。
服の下を想像するだけでも、快感へのスイッチがオンになる。
79. DH 2023/12/29(金) 07:05:19 通報 編集
服の下から現れるのは、大きいだけでなく、丸くて形の良いバスト。
「キングスライムバスト」の異名を持つ、95cm・Iカップである。
80. DH 2024/01/03(水) 16:31:46 通報 編集
20代後半で167cmという高身長だと、キャミソールも似合う。
零れ落ちそうな乳房、見事な横乳を形作るカービング。
これで興奮するなという方が無理である。
81. DH 2024/01/04(木) 00:47:08 通報 編集
立ち姿になると、丸みのある豊かなバストであることが一目瞭然である。
(ちなみに「グラビアン魂」アワードでは、『地球より丸いで賞』に輝いている)
これだけのバストだと、ややもすると下半身がだらしなくなりがちだが、
ウエスト周りもすっきりしており、それにより更にバストが際立って見える。
82. DH 2024/02/02(金) 22:46:26 通報 編集
今日は田辺はるかの誕生日。
彼女の見事なプロポーションを写真や動画で見なくても、想像しただけで勃起し、手で慰めてしまう。
これぞオナペットである。
83. DH 2024/02/16(金) 00:49:33 通報 編集
誕生日ごとに数人取り上げてきたが、来週2/19は、かとうれいこの誕生日である。
30数年経っても鑑賞に堪える彼女について、今一度記しておきたい。
84. DH 2024/02/18(日) 05:56:07 通報 編集
かとうれいこは公称では86cmのFカップとされていたが、実際は星野麗子時代の97cmかそれに近いサイズと思われる。カップもFどころか、HかIではなかろうか。
よく、グラドルの胸の大きさは、メロンとかスイカなどと例えられがちだが、彼女の場合は例えるのが思い浮かばない。「おっぱい」以外の何物でもないのだ。

また、このクラスの大きさとなると、どうしても大きさだけに目を奪われがちだが、彼女の場合には美しさも兼ね備えている。綺麗な円型に深い谷間で、仰向けになっても形を崩さない。
85. DH 2024/02/19(月) 00:39:00 通報 編集
彼女はグラビアアイドルを経て、歌手・CM・女優・バラエティ番組でも活動したが、代名詞的なものはない。歌手としては赤字ビジネスだったというし、その他のジャンルでも彼女より名を成した人はいくらでもいる。

しかし、彼女以上に勃たせてくれるグラビアアイドルは、今もってなかなかいないのである。
彼女の素晴らしいバストを凝視しながら、快感を味合うことは、飽きるどころか今も幸福な気持ちで満たされるのである。
86. DH 2024/02/19(月) 23:37:33 通報 編集
かとうれいこの揺れるバストのなんと美しいことか。
これを見ながら快感を味合うのは、実に幸福なことである。
87. DH 2024/02/26(月) 23:02:44 通報 編集
好きなグラドルを出身都道府県で分けると、「東高西低」の傾向になる。
東京は人口が多いから当然としても、
北海道:平田裕香、大沢舞子
山形:青木裕子
福島:田辺はるか
栃木:酒井若菜
千葉:黒羽夏奈子、しいなまお
埼玉:かとうれいこ、曲山えり、黒田美礼
神奈川:坂木優子、三瀬真美子
新潟:原幹恵
に対し、東海以西は、
愛知:佐藤和沙
和歌山:石川夕紀
岡山:神楽坂恵
福岡:小島可奈子
くらいである。

北から4人。
88. DH 2024/04/16(火) 23:52:30 通報 編集
動画のデジタル=データ化により、VHSでしか見られなかった動画は容易にコピーされ、ネットにつながりさえすれば誰でも見られるようになった。
特に、90年前後の作品が2000年前後にDVD化されたことで、後追いで作品を目にする機会が増えたのである。

かとうれいこが改名前に出した「マリンブルーに揺れる夏」の一コマ。
これもDVD化された作品の一つである。
白ビキニに包まれて揺れる、至高の97cm。
89. DH 2024/04/19(金) 00:26:55 通報 編集
テレ東の深夜に放送されていた「水着でKiss Me」。
再現ドラマの合間に、「水着美女図鑑」というグラドルやキャンギャルの水着姿を映すコーナーが設けられていた。その中での坂木優子。
水着の形状でより大きく見えるということもあるが、それを差し引いても86cmという公称サイズ以上に思える見事な美巨乳と深い谷間。10代が深夜に見たら興奮間違いなしである。

余談だが「己を高める」という言い得て妙な表現を見かけた。
グラビアでもAVでも己を高めるが、グラビアの方が想像や妄想が働く分、興奮度も高まる気がする。
90. DH 2024/04/20(土) 00:24:37 通報 編集
シェイプUPガールズのメンバーだった(解散はしていないらしい)中島&梶原が、30周年の記念に期間限定で新ユニットを作るらしいが、シェイプといえば唯一の90cmバストを誇った三瀬真美子である。
シェイプ結成前のビデオでも、その片鱗が伺える。
91. DH 2024/04/23(火) 23:09:46 通報 編集
先日、彼女(石川夕紀)と同姓同名の人が火事からお年寄りを救ったというニュースが出ていた。
BSフジの番組での一コマ。

グラビアを見始めた90年代前半、グラドルのバストサイズは80cm台が殆どだった。イエローキャブ系のかとうれいこや細川ふみえは別として、80cm台後半でも十分、巨乳グラドル扱いだった。最初に「お世話になった」坂木優子でも86cm(89cmの記載もあり)だった。
これが95年になると、酒井若菜(94cm)、青木裕子(95cm)、黒田美礼(95cm)と一気に90cm台半ばが増え、99年にはみなみ(のち大沢舞子)により100cmの大台へ。
2000年代に入り、根本はるみが103cm、石川夕紀に至っては105cmと、行くところまで行ったかという感すらあった。

これだけの武器を持つと、IVで大抵はビーチで走って揺らしたり、寄せて強調したりするものだが、石川夕紀については最大の武器を生かすという売り出し方ではなかった。
そのため、動画における実用性という意味ではもうひとつなのである。
92. DH 2024/04/27(土) 00:42:24 通報 編集
原幹恵の拾い物キャプチャ。
胸の谷間に携帯電話を挟んで、着信させて振動させるという演出なのだが、携帯電話が見事なまでに谷間の一番奥まで挟まっている。

所謂「お世話になる」基準として、スタイルは勿論なのだが、好みの顔立ちというのもある。
グラドルの場合は特にその傾向が強く、人気があっても好みでないと全く反応することはない。
93. DH 2024/04/28(日) 11:16:57 通報 編集
携帯を鳴らしているらしいが、本人曰く「揺れを感じない、(胸の)圧力で振動を感じない、バイブすら消しちゃう、クッションですから」そうだ。
うっすら見える青筋が、その圧力を物語る。
94. DH 2024/04/30(火) 00:15:20 通報 編集
どこかの選挙の候補者に、彼女と紛らわしい名前がいたらしい。

「気分は上々」の時の画像が出てきた。
2001年1月とあるから、既に写真集を6冊(!)も出し、グラビアアイドルとして絶頂のころであろうか。
当時SNSがあったら大騒ぎになっていただろう。今のグラドルが…そもそもこういう形でTVに出ないか。

「だって、使わないじゃないですか」
…すみません、大いにお世話になりました。
95. DH 2024/05/14(火) 00:41:21 通報 編集
同じ巨乳グラドルでも、グラマーな子もいれば細身の子もいる。
グラマーは体全体で、細身はボディとバストの対比で訴えかけてくる。
妄想としては、グラマーは激しく濃厚に、細身はスローでイチャラブ、だろうか。

グラマーから、しいなまお。
熱く絡み合ってから、下から揺れるバストを揉みしだきたい衝動に駆られる。
96. DH 2024/05/14(火) 23:10:00 通報 編集
一方、曲山えり。
ジャズダンスで鍛えた無駄のないスレンダーボディに、深い谷間の美巨乳。
鼻にかかった甘い声で悦ぶ彼女と、一緒に絶頂を迎えたい。
97. DH 2024/06/13(木) 23:37:41 通報 編集
久しぶりの田辺はるか拾い物で、雑誌の付録DVDからのキャプチャ。
7人ほどのグラドルでの、他愛のないゲームをして競うという内容で、
これは目を瞑ったまま、バナナをバストの上に乗せながら、片足で立ち続けるという競技で、最後まで勝ち残った後のもの。
なお、「巨乳部」と銘打たれていて、殆どが80cm台後半という当時としては全員巨乳の部類だったが、彼女はその中でも99cmと抜きん出ていた。
これだけの豊かな体積があれば、乗せ続けることも容易だろう。
1/4ページ

投稿フォーム

注意事項をよくお読みになって投稿してください。

※メールアドレスは掲示板上には公開されません。 ※メールは一つの投稿に対して5通まで受け付けます。 ※投稿後「picb2.com」よりメールをお送りします。メール内のURLをクリックしていただくと有効化されます。
※ファイルは1ファイル50MBまで、4つまで投稿可能です ※動画は変換処理を行うため、投稿後反映までしばらくお待ちください ※入力エラー時、再度選択が必要ですのでご注意ください
※指定のパスワードでファイルを閲覧制限します。 ※空の場合は制限なしで閲覧が可能です。
※投稿後、指定の時間が来たら自動で削除されます